クラゲ化計画

すこし疲れたから休もう。

アイスを食べれば嫌なことは忘れられるよ

スポンサーリンク

f:id:yanoyu22:20170525003649j:image

アイスってすごいです。

アイスは救い

生きているとどうしても嫌なことに遭遇します。

その都度悩んだり苦しんだりしてとてもしんどいです。

なのでいっそのことクラゲになって、全ての苦痛から解放されよう!とういうのが本ブログのテーマなのですが、

幸か不幸かヤノユウはまだ人間の形を留めております。

ではクラゲになるまでのあいだどうやって嫌なことを忘れていくかというと、それはもうアイスを食べる以外に他なりません。

皆様ご存知かとは思いますが、アイスは偉大です。

「アイスを食べれば救われる。」確か聖書にも書いてあった気がします。

アイスは人類に残された最後の希望です。

上手に活用してこのストレス社会を生き抜きましょう。

どのアイスを選べばいいのか

さて、嫌なことがあったのでアイスを食べてストレスを発散しよう!と思った時に、アイス選びは必須となります。

当然自分の食べたいアイスを自由に選べば良いのですが、「種類がいっぱいありすぎてどれにしたらいいかわからない!」という方が最近増えているのです。

この件についてはアイスの多様化問題として、学会でも議論されています。

ストレスを解消しようと思って食べようとしたら、選ぶのにストレスを感じていた…

これでは本末転倒です。

そこでアイス選びには定評のあるぼくが、最近食べたアイスを例に、選び方の一例を紹介しようと思います。

アイス選びに正解はありませんが、もしなにかの参考になれば幸いです。

お手本

ゴールデンウィークに食べたサーティワンのアイスを例に紹介します。

サーティワンは基本的に32種類のフレーバーが常備されており、なおかつ期間や店舗によって一部内容が異なっている場合もあるので、プロアイサー達もアイス選びでよく悩みがちです。

その中でも限られた時間の中でベストな選択をするのが、プロというもの。

それでは、今回のセレクトをご覧ください。

f:id:yanoyu22:20170525005113j:image

上段、ピンクのポッピングシャワーは期間限定のフレーバーです。

ストロベリーとホワイトチョコの濃厚な味わいが特徴。パチパチと口の中で弾けるのが楽しいです。

ただこれだけだとちょっと甘すぎるので、下段にキャンディボックスも追加しました。

こちらはシャーベット系フレーバーですので後味がすっきりしています。

濃厚な甘さと爽やかさを合わせることにより、飽きのこない極上のアイスタイムを演出しました。

このように別系統の2種類を組み合わせるテクニックは基本中の基本でありながら、公式戦でもよく見られる常套手段となっています。

初心者でも簡単に実践できますので、ぜひご活用ください。

ただ、こんなことを考えてアイスを選ぶ人なんていないと思います。