クラゲ化計画

すこし疲れたから休もう。

ミニマリストの腕時計①スイス国鉄の時計mondaine

スポンサーリンク

f:id:yanoyu22:20170509011947j:image

ミニマリストが腕時計を語ると、まず腕時計自体を持つか持たないかの議論が幕を開けます。

・時間なんてスマホがあれば確認できるからいらない!と主張する持たない派

・スマートウォッチで他のことも効率化しようとするガジェット派

・時計はやっぱりあった方が便利、だけどシンプルなデザインが良い派

・1本だけお気に入りのものを持つ派

など…

それぞれ主義主張があり、当然どれが正しいとかはありません。

腕時計は極論なくてもどうにかなるご時世ですので、断捨離の対象にされがちですが、したい人はすればいいが最終的に行き着く結論だと思います。

そしてぼく個人としては、腕時計はする派です。

ファッションの一部であり、気分や季節によっても変えたいので複数所持しています。

複数所持しててもこれがやっぱり最低限になってしまうのです。

ただ考え方として他の方達と同様、シンプルなデザインの物を選びがちになります。

 スイス国鉄の公式時計mondaine

早速本記事では1本目を紹介していきます。

モンディーンというスイスの時計メーカーの腕時計です。

f:id:yanoyu22:20170515001305j:image

見ての通り非常にシンプルでミニマムなデザイン。

文字盤は洗練されながらもどこか可愛らしい印象を受けます。

この文字盤は実際にスイスの国鉄で、壁掛けの時計として採用されているものをそのまま使っているのです。

お洒落さもさることながら、抜群の視認性も最高です。

本来の時計としての機能もしっかりと 果たしてくれます。

(シンプル過ぎて今何時かわかりにくい!みたいな時計は苦手です)

夏はミラネーゼストラップ

ぼくは革ベルトが好きなので、基本はステンレスのベルトの時計をつけないのですが、夏はさすがに避けます。

革の消耗を考えながらするのは嫌なので、このミラネーゼストラップのmondaineの時計が大活躍するのです。

f:id:yanoyu22:20170515001236j:image

ちょっとおじさんぽいイメージもあるミラネーゼストラップですが、mondaineの文字盤に合わせると意外とそうでもなく、むしろお洒落な感じになります。

そもそもこの時計は革ベルトの時計しか持っていなかった時に、夏にする丁度いい時計はないか探して購入しました。

クオーツなので機械式のものほど神経質に扱わなくても平気ですし、そもそもお値段も手頃です。

ぼくは海に入らないので防水性は生活防水で十分。

風貌もサファイヤガラスなのでほとんど傷はつきません。

ここ最近またじわじわと暑くなってきました。

この時計と一緒に、またどこかへ旅立ちたいと思います。