クラゲ化計画

すこし疲れたから休もう。

若者のししとうロシアンルーレット離れが深刻(社会問題)

スポンサーリンク

f:id:yanoyu22:20170513202657j:image

これはピーマンです。

夏野菜といえばししとう

日に日に暑さ増す今日この頃。

少し気が早いのですが、今年も採れたての新鮮なししとうが食べたいなと思っております。

と言いますのも、個人的な話で恐縮ですが、実はヤノユウは大のししとう好きなのです。

野菜の中で一番好きなのがししとうです。

トマトもキャベツもほうれん草も抑えて第1位。

未だ嘗て同じ趣味趣向の方に出会ったことはありませんが、もしいらっしゃいましたら一緒にししとうファンクラブ(SFC)を結成しましょう。

なんだかスーパーファミコンか慶應義塾大学のキャンパス名に見えないこともないですが関係ありません。

ししとうこそが正義、NO SHISHITOU NO LIFEなのであります。

ししとう狩りこそ夏の醍醐味

先ほども申しました通りなかなかししとう好きに出会えていないため、SFC会員は残念ながらヤノユウ一人です。

ですがししとうを愛し、愛されるものとして、細々とではありますが活動を続けて来ました。

その中でも昨年実施した夏の一大イベントししとう狩りは、大変な盛り上がりを見せました。

ししとう狩りという言葉に馴染みのない方もいらっしゃるかと思いますが、これがまた最高に楽しい狩りなのであります。

いちご狩り、りんご狩り、ふどう狩りなど、人気のある果物狩りは世にフューチャーされておりますが、ししとうも当然狩れます。その場で食べることはありませんが。

昨年はししとう農家様にお願いして、体験させて頂きました。

f:id:yanoyu22:20170513204913j:image

信じられないほど田舎にそのししとう畑はありました。

広大な自然の中で狩るししとうはどれもスーパーで売っているものより身が大きく、色も艶やかです。

f:id:yanoyu22:20170513205054j:image

採ったししとうはししとうケース(網かご)に入れます。

かなり大量です。これは絶対に食べ切れません。

f:id:yanoyu22:20170513205157j:image

食べるぶんだけをビニール袋に詰めて頂き、持ち帰りました。

ぼくのししとう好きが本物であることは信じてもらえたと思います。

若者のししとうロシアンルート離れが深刻

これが深刻なのです。

平成生まれのぼくが言っても全く説得力がありませんが、古き良き日本では、焼いたししとうをみんなで分けて食べるししとうロシアンルートが盛んでした。

誰が辛いししとうに当たるかというワクワク感が最高で、パーティーのメインイベントとして君臨していたと聞きます。

それが今ではどうでしょう。

人気ロシアンルーレットの座はわさびか唐辛子を大量に入れたたこ焼きに奪われてしまっています。

ぼくはロシアンたこ焼きも大好きなのでそれ自体は否定しません。

ただせめて年に一度くらい、ししとうロシアンルーレットも思い出してあげて欲しいのです。

そしてゆくゆくはみんなSFCに入ってワイワイやろうじゃありませんか。

SFC入会希望者がいらっしゃいましたら、なんらかの手段でご連絡ください。

ししとうで一緒に盛り上がりましょう!