クラゲ化計画

すこし疲れたから休もう。

新年早々から池袋で痺れる担々麺を食べてきたよ(中国家庭料理 楊 2号店)

スポンサーリンク

f:id:yanoyu22:20170104141207j:plain

ぼくは以前からクラゲ化計画に足りないものは何か考えていました。

旅行して断捨離してダイエットして、それって割と普通の人が誰でもやってることなんじゃないか?

そんな考えが脳裏をかすめたのです。

そこでもう一度クラゲについて考えてみたところ、

クラゲ→刺される→痺れる

痺れることが1つのキーワードであることに気づきました。

クラゲ自体が痺れているわけではありませんが、まずは自分が痺れてみないことにはわからない!

そう思って電気椅子に座ろうと決意したのですが、死にそうなので躊躇していたところ、尋常じゃないほど痺れる中華料理屋さんがあることを知りました。

中華料理は食べ慣れているのでそんなに痺れるの?という不安もありましたが・・・

www.yanoyu.com

痺れなかったら普通に美味しいだけですよね。迷わず行くことにしました。

中国家庭料理 楊 2号店

 池袋西口から徒歩5分くらい。人気ラーメン店蒙古タンメン中本の向かいの路地に入っていくとあります。

f:id:yanoyu22:20170104152320j:image

 1月3日なのにすごい行列ができていました。どうやら孤独のグルメで出てきたお店らしいですね。

温泉で温めた体を冷やすのは不本意でしたが、どうせ担々麺を食べたら暑くなるのだろうと予想し並びました。

www.yanoyu.com

席に座ったら早速、お店の名物でもある汁なし担々麺を頼みます。

山椒の量を聞かれたのでとりあえず普通にしました。山椒の効いている担々麺って美味しいですよね。

最近は冷凍食品とかでもあるのでよく食べます。そういう意味では食べ慣れているし痺れるほどではないかなーと思っていたら、担々麺がやってきました。

汁なし担々麺(山椒普通)

f:id:yanoyu22:20170104152334j:image

・・・そこまで痺れなそう。

右側の方が若干赤くて辛そうですけど、全体的にはソフトな印象です。

麺とかすごく白いし。山椒を初めて食べた人が大騒ぎしただけだったのかな・・・とりあえずこのままでは白い部分に味がなさそうだったので混ぜてみました。

f:id:yanoyu22:20170104152345j:image

 なんか辛そうになってきた。

え、なにこれ、油断させてからのこのビジュアル。写真は一見ナポリタンぽくも見えますが、実際はかなり辛そうです。

とりあえず冷めないうちにいただきます。

舌と脳が痺れた

結論から申し上げますと、最初の二口目まで山椒の味がして、その後は痺れて味がわかりませんでした。

とにかく怒涛の山椒です。うな重にかけている山椒の何十倍もの味が一気に口の中に広がります。

痺れた舌はもはやほとんど機能していませんでしたが、なぜか箸が止まりません。

舌だけでなく、脳も痺れてしまったのでしょうか。とにかく食べ続けてしまうのです。

美味しいとか不味いとかそういう次元ではなく(もちろん美味しいのですが)、山椒の中毒性にやられてしまったようです。

この痺れにはとても満足しました。東京に行った時はまた立ち寄りたいと思います。これからも痺れるお店を探していきます。