クラゲ化計画

すこし疲れたから休もう。

【ミニマムな食事】釜玉うどんを作ろう

スポンサーリンク

食事のミニマリズム

ミニマリストは食事を全てアウトソーシングする外食派と無駄なく効率よく調理する自炊派に分かれます。

どちらもメリットはありますね。

外食派なら冷蔵庫や調理器具を持たなくていいです。

自炊派ならうまく作れば金銭面での費用が少ないです。
 
一人暮らしなら気に入った方を採用すればいいと思います。
 
ぼくは冷蔵庫など最低限を用意しつつ、ほとんどは外食ですませる派でした。
 
気が向いたときだけ自分の作りたいものを作る。そんなスタイルが一番合っていると思っていたからです。
 
ただ最近になって思いました。
 
釜玉うどんは自分で作らないとご先祖様に顔向けできない!!!と。

 釜玉うどんはとても簡単

この世で一番簡単な料理はこれだと思います。

ミニマリスト釜玉うどんを自炊して食べるべきです。

少し酷なことを言いますが、これができないなら料理人になる道は諦めたほうがいいと思います。

ただ誰でもできます。簿記三級より簡単です!

材料

  • 冷凍うどん(1袋)
  • たまご(1個)
  • だし醤油(お好み)
  • ネギ(お好み)
  • 揚げ玉(お好み)
  • 七味(お好み)

だし醤油は醤油とめんつゆとかでも可。

たぶんうどんとたまご以外は何でも可です。

作り方

1冷凍うどんをチンする。

2たまごと醤油を丼に入れる

3チンしたうどんを丼に入れて混ぜる

4その他のものをトッピングする

簡単すぎて一つも写真を載せる必要がなかったです。

これが釜玉うどんだ!

f:id:yanoyu22:20160515205948j:plain

普通に美味しいです。
 
たまごは混ぜているので見た目ではわかりませんが味はしっかりします。
 
調理時間はうどんを解凍してる時間を含めなければ1分くらい。
 
食べたいと思ったときにはすでに食べてた!ってなるくらい早いです。
 
実際ぼくも釜玉うどんを作ろうかなーと思ったときには既にできていましたからね。
 
料理の実感すらない。これが釜玉うどんの魅力ではないでしょうか。
 
ちなみに本記事の調理時間はネギを刻む時間を考慮しておりません。
 
ぼくはネギを刻むと涙がボロボロなタイプなので、トータルではすごく時間がかかっていますが、ご了承ください。